写真の事ならどんな要望にもお応えするフォトコンシェルへ

顔のゆがみを見る・目をパッチリと撮る

今日は閉店間際に女学生さんが証明写真を撮りに来てくれました。
聞いてみると
「顔が歪んでいるのど、目が腫れぼったいので印象が暗く写ってしまう…。」
との事。
まず顔の歪みはあまり気にしなくていいです。
誰しも左右対称ではありません。
俳優さんでも非対称なんです。(^_^)
逆に対称だと個性(魅力)がなく、人は親近感を持てません。
ロボットの無表情さは左右対称だからです。
それでも気にると思いますが、
歪みは「首を少し傾ける」とか「撮影位置を変える」事によって随分と目立たなくなります。

またもう一つの腫れぼったい目ですが、
二重の場合はまず目をつぶってもらって「ハイっ!」で開けてもらうとパッチリします。
一重や奥二重の場合は反対に「力を抜く」と左右へ引っ張る力が緩んでパッチリします。
結局、撮り直しで自然な柔らかい表情が撮れて、とても喜んでいただけました!(^_^)/
就職活動、頑張って下さい!

証明写真は奥が深くて難しいですが、悩んだら是非お越し下さい。

 

また 証明写真撮影のコツ 自然な笑顔をつくる写真写りを良くする顔のゆがみを見る・目をパッチリと撮るなどもぜひ参考にしてください。

フォトコンシェルは経験豊かなプロカメラマンです。個人やご家族の写真から企業などの難しい写真まで幅広いご要望にもお応えします。加えて「撮ってて良かった!」と将来的にご満足頂ける写真も提案しております。また基本的に撮影データはお渡ししますのでご自由にお使い下さい。 ・フォトバンク和歌山では地元カメラマンさん協力による魅力あふれる和歌山の写真を国内のみならず世界へ提供しております。