全データお渡し、和歌山フォトコンシェルは写真撮影のプロフェッショナルです。写真やカメラの事はお気軽にご相談ください

写真写りを良くする

自分の写真を見て
「写真写りが悪い」とか「なにか自分と違う!」
と感じていませんか?

1.写真の印象が違うのは?
これは鏡を見る事が多い女性に特に多いです。
鏡は左右反転されて映りますが、写真は反転されません。
なので自分の思っているイメージと違ってしまいます。
これは自分で思っているイメージと他人のイメージ(写真)では違いがあるとも言えます。
特に真正面から撮る証明写真では大きく違ってきます。

2.写真写りが悪いのは?
一つはアングルです。
女子アナウンサー,ピアニスト,聖歌隊の”斜め45度”などと言われるように
写され慣れしている人は自分がキレイに写る角度などを知っているのです。
他にもアゴを少し引くと控え目に、上げると威圧感があるように写りるなど印象が変わってきます。
二つ目は表情です。
写真となると表情が堅くなる方は多く、特に目元と口元が堅くなりがちです。
目元をほぐすには上のまぶたをややきつく閉じて「フッ」と力を抜くように開いて下さい。
「まぶたの力を抜く」この感覚が目を自然なパッチリにしてくれます。
また口元は思いっきり横に広げて目元と同じように「フッ」と力を抜けば硬さの取れた印象の口元になります。
三つ目は姿勢です。
女性なら首を軽く傾げるとより柔らかい印象になります。
少し上から撮ると控えめに、下から撮ると堂々とした印象に写ります。

和歌山フォトコンシェルは経験豊かなプロカメラマンです。病院や企業からお店や個人の記念撮影までたくさんのご依頼をいただいております。お困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。数多くの撮影経験から得た知識と技術で、1.効果ある、2.好感あがる、そして3.後悔しない写真をモットーに毎日撮影しています