赤ちゃんや子供を笑顔で撮る方法

百日参り
百日参り
お宮参り
お宮参り

まずはじめに知っておくべき事は
「赤ちゃんでも人格がすでにある」と言う事です。
それも大人よりシッカリとした人格が備わっています。
体力的に弱い赤ちゃんは目や鼻・耳を使って必死に周りの状況を察しています。
もしかしたら第六感も女性より強いかもしれません。
なので撮る側の気持なんか「オチャノコサイサイ」で見すかしています。
小さなお子さんも同じですね。

赤ちゃんや小さなお子さんを笑顔で撮る方法
自然な笑顔で

ここでは 経験上で僕が思ってる事を書きます。

0~3歳位までのいわゆる赤ちゃんは動くものが大好きなんです。
特に急に現れたり消えたりするのが大好きみたいで、
決まってお年寄りが「イナイイナイバァー」をすのはさすが先人の知恵です。
やはり知識も経験には適いません。。。

僕がよくやる方法でまず目の前で「イナイイナイバァー」を何回かして注意をもらい、、
カメラの後ろで同じ事をすると殆どの赤ちゃんは笑ってくれます。

少し成長したお子さんなら興味のあるもの、
アンパンマンや頭の上で「グーチョキパー当てて!」としてもいいです。
とにかくこっちから子供の世界へ近づく事です。

あと子どもと同じ目線で話しをする事!

目線が下がったら目の下を手で塞いであげると上を見てくれます。
反対に上の時は上を塞ぐ、です。
赤ちゃんって不思議がいっぱいですね~!^^